パッケージ印刷(化粧箱)を専門に取り扱います。キャラメル箱、N式箱、スリープ箱、ピローケースなどのパッケージ印刷のムーブ

商品の中身をキレイに見せたい

IMG_4696

 

DVDが発売されたこともあり、鬼滅の刃の一番くじが発売されていました。 今回は、こども達に声をかけてみたものの、 「フィギアの棚いっぱいやし、今回はいいんじゃない?」 とつれない返事。 次の2期が始まってテンションが上がることを待つしかありません。

 

私が購入した前回は、コンビニ内にも列ができるほどで、ギリギリ滑り込みでの購入。

・・・・結果は、

ラストワンも含んだ、ほくほくの状態でした。

当社でも、フィギュアなど、窓付きの箱で中身を見せたいというお話をよくいただくことが あります。

 

フィギュアの場合は、ダンボールの合紙をお薦めする場合も多いのですが、やっぱりPET窓。

 

 

 

 

 

 


20210614ブログ原稿

PET窓は商品が見えて、PETも貼られているので、箱自体の高級感も しっかりと出ます。

 

ですが、困る場合もよくありまして、「商品をギリギリまで見せたい」と言う場合。
裏からPETのシートを貼るので、どうしても糊代に当たる部分が必要です。

 

基本的にPETの窓貼りの場合は、糊代が天地左右に対して、15㎜以上は必要です。
また、窓と折れる部分が近いと窓の部分が紙の反発で浮き上がる場合があり、あまりキレイな仕上がりにならないケースも多いです。
商品によって、どのように見せるのがベストかと言う事と 仕様的に作りにくければ、その分箱の製作コストも高くなって しまうため、頭を悩ますポイントです。

 

そんな場合でも、化粧箱MOVEではさまざまな形状の化粧箱、 こんなの実現可能か…?というそんなあなたの思いを形にします。

 

お気軽にご相談ください!

 

関連する記事はありません

Top