パッケージ印刷(化粧箱)を専門に取り扱います。キャラメル箱、N式箱、スリープ箱、ピローケースなどのパッケージ印刷のムーブ

印刷から発送までの流れ

当社の設備を工程順にご紹介させていただきます。箱製造、印刷技術の品質管理はもちろん、納期面でお急ぎの場合でもデザインから印刷、製箱、発送まで自社一貫製造なので短納期が可能です。

img-03

1.データチェック

お客様よりご入稿いただいたデザインデータがキレイな箱に仕上げるようにベテランのスタッフがデータをチェックします。

2.面付け

factory-01

お客様から頂いたデザインデータを、オフセットの印刷機で効率よく印刷するために大きな紙を使って用紙に合わせて同じデータを複数配置します。また、中綴じ製本になるものは、複数ページを順を変え、本になるように並び替えて配置します。 こういった作業を面付けと呼びます。

次へ

3.印刷版の焼き付け(CTP)

factory-04

印刷機用の版(はんこ)を出力します。
当社ではCTP(Computer To Plate = CTP)出力にて版を作製します。
CTP出力では編集済みのデジタルデータを、印刷用フィルムを出さずに印刷機に合わせたPS版を出力することができます。そのため、昔は必要であったフィルム出力は不要でフィルムの廃棄物が出ず環境に優しいです。また、フィルムを作る時間が不要なのでスピーディーに版が作成可能です。

次へ

4.オフセット印刷機

factory-05

CTPで出力された刷版は、オフセット印刷機にセットされ印刷作業をスタートします。
当社国内工場では5色機を主力に使用のため、4色+ニス引きを一回の通しで可能です。
また、インクが瞬時に乾くUV印刷にも対応しているため、
スピーディーな印刷や特殊なクリアファイルの素材などにも印刷可能です。

次へ

5.トムソン機(打ち抜き加工)

factory-09

印刷した用紙をトムソン機を使って打ち抜いて箱の形状を形取ります。その際に折線や、穴などの設定となるのが木型で、トムソン機に木型をセットして、プレスして打ち抜きます。

次へ

6.サック機(貼加工)

factory-07

トムソンで抜いた箱で糊貼りの必要な物はサック機を使って貼り付けます。複雑な箱の形状にも対応が可能です。
箱としてはこの段階を得て、納品の物となります。

次へ

7.断裁機(経ち加工)

factory-08

中仕切りや上げ底、ヘッダー台紙などで断裁だけの場合は、断裁機を使って断裁を行います。スリーブ箱のスリーブのような折りと貼りだけの場合はトムソン機を使わず、断裁機で抜く場合もあります。

次へ

8.検品・梱包

factory-10

お客様の印刷物は印刷のミスがないか、トムソンでの抜きミスが無いかなどを検品の上、事前に打ち合わせた梱包方式で梱包していきます。

次へ

9.配送・納品

事前に打ち合わせした配送方法で迅速にお客様へとお届けします。

Top