化粧箱のMOVEでは、以下の用紙をご指定いただけます。パッケージのご利用用途に応じてお選びください。

1. 板紙

板紙とは、主として紙器や包装に使用される厚手の紙の総称です。俗にボール紙ともいわれます。
よく使う化粧箱用の用紙としては、大きく分けて下記の2種類です。

裏ねずコートボール

一般的な紙器用の板紙です。表面は白、裏面はざらざらの漂白した古紙等でねずみ色となっております。印刷に向いた板紙では一番良く使われております。

コートカード

裏ねずコートボール紙の裏面を白く塗工したものです。裏面も白ですが、表面と質は全く同じではありません。古紙配合率や白さでAとB に分類されます。

※上記以外のノンコートボール、両面コートカードや、平滑度の高いコートアイボリーなども取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。
 

2. 特殊紙

当社で取り扱ってる用紙は板紙だけではありません。

特殊紙といった金や銀の光沢を持った紙、元々色の付いたファンシーペーパー、エンボス調の紙等を使うことで、印刷では表現できない風合いを出すことが可能です。
また、印刷内容が黒一色やありきたりなデザインでも用紙を変えるだけで雰囲気が豪華になったりします。
欠点としては板紙より用紙代が上がる点です。そんな一部をご紹介いたします。
下記、写真の「化粧箱のMove」はCG ですので、実際の印刷とは仕上がりが異なります。比較にご参考ください。

グレートバガス(旧グレートケナフ紙)

サトウキビの搾汁の際に出るカス(バガス)を原料に含んだ、嵩高で温かみのある独特の風合いを持った、環境に優しい用紙です。若干黄色の掛かった白です。
原料にカスを使ってるから安く思われがちですが、コートボールより高価です。
(裏面:同色)(他色:なし)

五感紙

鱗のようなぼこぼこのある凸凹紙。視覚や触覚を通して紙の持つ特徴を感じてもらいたい」意をもって五感紙と名付けられました。
(裏面:同色)(他色:あり)

ケンラン

平らで手触りはツルツルすべすべ、微妙な光沢があります。色の種類が「豪華絢爛」からケンランといった用紙名となっております。
(裏面:同色)(他色:あり)

ハイボーン(マガタマ)

金の紙の上から金の柄を箔押しした紙です。
写真はマガタマ柄ですが、他の柄もあります。
(裏面:白色)(他柄:あり)

ファンタス

鱗のようなぼこぼこのある凸凹紙。視覚や触覚を通して紙の持つ特徴を感じてもらいたい」意をもって五感紙と名付けられました。
(裏面:同色)(他色:あり)

メタディープM

キャストコート( 写真光沢) の用紙です。
白以外のカラーもあります。
(裏面:白色)(他色:あり)

エスプリV エンボス

表面は凹凸によりストライプ模様がエンボスで加工されています。他にもエンボスでアラレ模様になった物等もあります。
(裏面:白色)(他柄:あり)

スペシャリティーズ(ペインタス)

アルミペーストをコーティングした落ち着いた金属光沢を表現した用紙です。
(裏面:白色)(他種:あり)

3. カラーボード

一般古紙(新聞、雑誌、地券、段ボール、オフィス古紙など)や液体飲料容器古紙(牛乳パックや酒パックなど )を使った再生紙です。再生紙といったらチップボールのような荒いボール紙で、印刷や箱には向いてないと思いがちですが、製紙メーカー様の試行錯誤によって、それらに適合する高品質な再生紙となっております。茶段ボールやクラフト紙の雰囲気な繊維古紙を使った特クラフトやKクラフト、身近な所では無印商品のノートの表紙などに使われているピュアボードなどナチュラルなイメージの箱にピッタリな用紙です。白系以外の紙につきましてはオペックホワイトなどの白インクで印刷した上からカラー印刷し、地色に勝つ事も可能です。

 

4. 段ボール合紙

化粧箱に緩衝材としての役割を持たせる時や、大きい箱でしっかりした厚みを持たせる時に印刷した厚紙を段ボールと接着させる段ボール合紙もあります。 特性上、表面に右の写真のような段ボールの筋目が薄く出る点はあります。 また、薄い紙しかラインナップの無い紙に印刷をして、コートボールなどの厚紙に貼り合わせる「合紙」も承っています。 どちらも、普通の厚紙以上の用紙代が掛かる点と合紙する日数が加わる分、通常の厚紙よりはコスト・日数はかかります。